ワキガ臭を完全に消し去り、ノースリーブで毎日を過ごせる為の情報ブログです

[脱七分袖宣言!]ワキガ臭抹消クラブ

自宅でできるワキガ対策

ワキガには馬油が効果的って本当?万能な3つの効能を解説!

更新日:

美容効果に優れている馬油(ばあゆ)ですが、ワキガにはどのような効果があるのでしょうか?

臭い対策に効果的なら一度は使ってみたいですよね。

そこでこちらでは、馬油の3つの効能やワキガへの使い方までしっかりと解説していきます。

馬油は万能な油とされていますが使い方を間違えると困ったことにも繋がりますので、この機会にチェックしておきましょう。

馬油が美容に優れているのはなぜ?

草原にいる馬

馬油は読んで字のごとく馬の脂肪から抽出された油になりますが、なぜスキンケアとして美容に用いられているのでしょうか。

それは、馬油の浸透力の高さに理由がありました。

馬油は人間の皮脂に近い成分となっているので肌への馴染みもよく、各細胞にまんべんなく浸透していきます。

普通の油を肌に塗っても皮膚表面にとどまるだけとなりますが、馬油は皮下組織の空気を押し出して浸透していきますので、空気と置き換わる性質があるのです。

 

この浸透力の高さが美容に良いとされ、スキンケアだけでなく皮膚のあらゆる病気にも利用されてきました。

一般的に馬油は以下の症状に効果があるとされています。

火傷、痔、水疱瘡、ヘルペス、床ずれ、百疣、しもやきえ、脂肪のこぶ、前立腺肥大、ひび・あかぎれ、日焼け、カミソリ負け、かぶれ、吹き出物・ニキビ、しもやけ、美肌、油やけ、シミ・ソバカス、鳥肌、鮫肌、洗剤まけ、虫刺され、薄毛、白髪、湿疹、水虫、筋肉痛、肩こり、冷え性、捻挫・打撲、神経痛、風邪、便秘、ダイエット、花粉症、歯槽膿漏、ワキガ

実に多くの症状に効果が認められていて、ワキガの臭い対策にも良い作用があるとされています。

では、馬油はなぜこれだけ豊富な症状に効果を発揮することができるのでしょうか。

それには、馬油がもつ3つの効能が関係していました。

馬油は無敵?ワキガにも効く3つの効能を解説!

白衣のお姉さん

浸透力に優れていて多くの症状に効果的な馬油ですが、ワキガをはじめ、どのような効能を発揮してくれるのでしょうか。

馬油の効能には3つあり、それが以下になります。

  • 雑菌の完全殺菌
  • 酸化防止機能
  • 血行促進作用

一つずつ確認していきましょう。

馬油の効能①雑菌の完全殺菌

馬油の効能として、雑菌の完全殺菌機能が挙げられます。

単に殺菌するだけではなく、塗った部分は完全殺菌してくれるのですが、どうしてそんなことが可能なのか気になりますよね。

それはやはり馬油の浸透力の高さからくるもので、細胞の深部にまで空気を押し出して浸透していくことから、雑菌類が全て馬油に飲み込まれて油の中に閉じ込められるからです。

 

馬油は一度吸収した雑菌を逃がすことはありませんので、雑菌が汗と混じり合って臭いの原因となったり、皮膚トラブルを起こしたりということはありません。

目には見えないミクロのレベルまで浸透していくため、雑菌も成す術がなく殺菌されるというわけです。

ワキガの場合は雑菌が一つの臭いの元となっていますので多くのデオドラントには殺菌作用が備わっていますが、完全に殺菌できているわけではありません。

ですが、馬油を塗ることで完全殺菌することができますので、臭い対策においてはかなり嬉しい作用と言えますね。

馬油の効能②酸化防止機能

馬油の2つ目の効能として酸化防止機能があります。

ワキガはタンパク質を多く摂取するとより強い臭いへと発展していき、白濁液のようなタンパクを含む液体が脇から流れ落ちていきます。

脇から流れ落ちてくると空気と混じり合って酸化してしまい、臭いの原因となってしまうんですよね。

ですが、馬油を脇に塗ることで空気を押し出して皮下組織の深部にまで浸透していきますので、白濁液のような液体の酸化を防ぎ、臭わない汗へと変えてくれます。

この酸化防止機能があるため、馬油は臭い対策にも効果的とされているんですね。

馬油の効能③血行促進作用

馬油の3つめの効能として、血行促進作用があります。

馬油が浸透作用に優れていることは繰り返しお伝えしている通りですが、馬油は血の通う皮下組織にまで浸透していくため、栄養分として吸収されやすくなっています。

つまり、口から栄養を摂るのではなく、皮膚から栄養を吸収しているイメージです。

 

血管を拡張して肌を保温しますので、血行も良くなり各細胞へ栄養が行き渡りやすくなるために、あらゆる症状が改善されやすくなるということです。

ワキガにも効果があって、血行が良くなると新陳代謝が高まって皮膚の生まれ変わりも促進されますので、荒れていた肌が再生して保湿につながります。

 

肌が荒れていると汗や皮脂を出そうと頑張ってしまって臭いがさらに加速されますが、馬油の効果によってそれを阻止することができますので、臭い対策にも優れているのです。

馬油、恐るべしですね…!

馬油は汗を止めてくれない

殺菌作用や抗酸化作用、血行促進作用のある馬油ですが、残念ながら汗を止める作用はもちあわせてはいません

市販のデオドラントが汗を抑えてくれているのは、皮膚の細胞を意図的に炎症させて汗腺の出口を塞いでいるからです。

ですが、馬油は皮膚を炎症させるどころか綺麗に整える作用が強いので、汗を止めることはないというわけです。

 

ワキガの臭い対策に制汗作用は必須なので、馬油に制汗作用がないことはちょっと残念ですが、その他の効能は素晴らしいものがあるので上手く使っていきたいですね。

馬油の使い方!塗るタイミングを間違えると…

ソンバーユ

ワキガにも効く馬油ですが、使い方を確認しておきましょう。

まず、使用の際には純度がなるべく高いものの方が効果を期待できます。

ソンバーユという商品は純度100%となっていて雑誌でも紹介されているので、使用されている方も多いようですよ。

 

塗るタイミングとしては、朝は避けてお風呂上りの就寝前にケアされると良いですよ。

馬油は血行促進作用があるため、朝に塗ると代謝が活発になって余計に汗をかきやすくなってしまうからです。

寝ている間に殺菌して保湿までしてしまいましょう。

 

次に塗り方ですが、ワキガの場合は脇を清潔にした状態で薄く伸ばしてください

イメージとしては塗るというよりも広げるという感覚ですね。

初めて使用するとベタベタしてビックリされると思いますが、すぐに浸透して気にならなくなりますので少しの間は辛抱です。

冬など乾燥しているときには少しだけ多めに伸ばしてあげても良いかもしれません。

以上のことは注意しておきたいですね。

馬油の使用で気をつけたいこと

ワキガに馬油を使う際の注意点はお伝えしましたが、一般的に言われている馬油の気を付けておきたい点もご紹介しますね。

まず、馬油は塗りすぎは禁物で、少しずつ使用するようにしてください。

馬油を塗りすぎてしまったからといって過度な副作用が起こるということは滅多にありません。

なぜなら、馬油は構造的に人の皮脂に極めて近いためです。

 

ですが、血行促進作用がありますので塗りすぎると肌がほてって赤くなったり、皮が剥けやすくなったり、かゆみが出たりなどの症状が出る恐れがあります。

また、馬油も油なので当然空気と混じり合って酸化してしまいます。

馬油には不飽和脂肪酸が多く含まれているので、より早く酸化が起こってしまいます。

酸化してしまうと当然効果も弱まりますので、肌にも良くはありません。

 

目安としては半年で全て使いきれるようにして、日の当たらない冷暗所に保蔵されると良いでしょう。

半年というと長いかもしれませんが、馬油はワキガの臭い対策以外にも冒頭でご紹介したような症状にも効果がありますので、アッという間に使い切ってしまいますよ!

ワキガ対策に馬油を効果的に使用する方法!

ワキガ対策に効果的な馬油ですが、制汗作用がない点が気になりましたよね。

臭い対策において汗を抑える制汗作用は必須なので、なんとかしたいところです。

そんなときは、ミョウバンも組み合わせて使用されることをおススメします。

 

ミョウバンは制汗作用と殺菌作用に優れている比較的安全な成分で、スーパーなどでも売られています。

使い方としては馬油を先に使用して、後からミョウバンでケアをするという方法です。

ミョウバンが入っているデオドラントを使用しても良いですね。

 

ただ、馬油はご紹介したように朝に塗ると血行を促進して汗が出やすくなってしまいますので、夜の使用に限られます。

馬油とミョウバンを組み合わせて使用する方法もあるんだ!くらいの参考にしていただければ幸いです。

ワキガ対策に馬油は使いづらいと感じているあなたへ!

安心する女性

あらゆる症状を緩和してくれる万能な馬油ですが、ワキガの臭い対策にはちょっと使いづらい…と感じている方もおられると思います。

制汗作用がなかったり、夜しか使えないという点が残念ですよね。

馬油を朝に使うと汗が出てしまうので、どうしても夜での使用に限られて困ってしまうという方も多いと思います。

 

そんな悩みを解決する方法を私は知っています。

この方法を知る前は私も馬油でケアしていたのですが、ことワキガ対策において馬油は向いていないと感じたことから、あるデオドラントにシフトチェンジしました。

そのデオドラントは、デオシークというワキガ専用アイテムです。

臭い対策に本気になるならデオシーク

デオシーク

デオシークは2017年に発売されたワキガ用デオドラントです。

デオシークは、従来の臭い対策アイテムの良いところを網羅したデオドラントになっていて、クリーム・ボディソープ・サプリメントの3つでケアを行っていきます。

身体の内側と外側から同時に変えていけるという点で既に違っていますよね。

 

デオシークではクリームだけでなくボディソープも医薬部外品の認可を受けているので、厚生労働省から効果が保証されているという点も安心できる点です。

これまで販売されていたワキガ対策のボディソープは認可を受けていないものばかりだったので、効果は比べるまでもありませんでした(笑)

 

ワキガ対策に必須となる制汗・殺菌・保湿・抑臭の4成分も配合されていて、無添加・無香料なので肌が弱くても問題なくケアしていけます。

デオシークを使っている人の口コミでは、

デオシーク1つで臭い対策ができるので重宝しています。クリアネオ、ノアンデ、リフレアなど使ってきましたが、デオシークが一番です!
最近友達から明るくなったね!と褒めてもらえることが多くなりました。性格まで変えてくれたデオシークに感謝です。
営業の外回りのためにデオシークを購入しましたが、朝に塗って帰宅しても臭わなかったのには驚きました!もっと早くデオシークを知りたかった…

 

などなど、デオシークを使って日々の生活が変わったという人も多く、服装を気にすることがなくなったので「オシャレだね!」と言われるようになった方もおられます。

 

実際私もデオシークを使い続けたことで使っていないときにも臭わなくなり、今ではボディソープのみ愛用しています。

もちろん、あなたにも効果を発揮してくれることだと思います。

 

そんなデオシークが、今なら1日あたりたったの200円でお求めすることができます。

これは一番人気のコースが定価の62%オフとなるキャンペーンが行われているからなのですが、いつ終わってしまうかはわかりません。

初月から解約可能で返金保証まで付いていますので、あなたにデメリットはありません。

臭いの悩みから卒業したい!という方は、ぜひデオシークを手に取ってみてくださいね。

 

※わきが対策における情報にはクリニックや各種商品開発を行っている会社により、その原因や改善点は異なることだと思います。  
 
各情報の詳細を見るにあたり、最後にはご自身が希望するライフスタイルや予算、アレルギー、注意点などを考慮しながら選択してみてください。

私が効果を実感したワキガ対策デオドラント

1位:デオシーク

デオシーク

口コミNo1で圧倒的な効果を実感

ボディソープが業界初の医薬部外品

サプリメント付属で内側からもケア

サポートも丁寧で安心感抜群

デオシークは2017年に発売された新しいタイプのワキガ対策デオドラントです。

有効成分配合でワキガ対策に必須の殺菌・制汗・保湿・抑臭の4作用を網羅しつつ、トリプルアプローチで身体の内側と外側を同時にケア!

無添加・無香料で肌に優しく、男女で使える高品質な日本製。

脇だけでなく、すそわきがなど全身に使えて加齢臭にも効果的な用途の広いデオドラントです。

2位:クリアネオ

クリアネオ

ワキガ対策デオドラントのド定番

W独自成分配合でニオイを防ぐ

朝1回の使用でお手軽ケア

継続率97%で信頼性抜群

クリアネオは2015年に発売された支持率の高いワキガ対策デオドラントです。

ワキガ対策と言えばクリアネオと言われるほど業界をけん引してきた信頼性があります。

有効成分配合で肌に優しい無添加・無香料の国内産。

必須の4作用である殺菌・制汗・保湿・抑臭をあわせもつライバル商品の中でも最安値を記録。

永久返金保証に定期回数の縛りなしというお試ししやすさをいち早く取り入れたデオドラントです。

3位:ラポマイン

Lapomine

即効消臭・徹底除菌でニオイケア

保湿要素をいち早く取り入れたパイオニア

肌への優しさを追求し子供にも人気

販売個数80万個突破の安心感

ラポマインは2012年に発売された根強い人気を誇るワキガ対策デオドラントです。

従来品は殺菌・制汗作用ばかりが目立つなか、ラポマインは保湿作用もワキガケアには必要な要素だと気づき、業界で初めて取り入れたパイオニアです。

1回あたり47.5円からはじめられるリーズナブルさで制汗剤や汗ふきシート、脇汗パッドも必要なくなる高品質のデオドラントとなっています。

-自宅でできるワキガ対策

Copyright© [脱七分袖宣言!]ワキガ臭抹消クラブ , 2018 All Rights Reserved.