ワキガ臭を完全に消し去り、ノースリーブで毎日を過ごせる為の情報ブログです

[脱七分袖宣言!]ワキガ臭抹消クラブ

ラポマイン

ラポマインは妊娠中に利用可能?急に臭いが気になりだす理由とは

更新日:

妊娠中は色んなことが気になって、不安定で敏感になってしまいますよね。

 

そんな中でも、早急に解決したい悩みがワキの臭いだと思います。

 

赤ちゃんを労わりながら、ワキの臭いや周囲の反応にも気を遣うのはストレスになってしまいますし、ホルモンバランスの崩れにも繋がってしまいます。

 

そんなときに役立つアイテムがワキガクリームですが、デオドラントの金字塔、ラポマインは妊娠中に使用してはいけないのでしょうか

 

徹底解説していきます!

ワキガじゃなかった人が妊娠でワキガになるって本当?

妊娠中にワキガを発症することはあるのでしょうか?

 

これについては、これまでワキガでなかった人が、妊娠中だからといっていきなりワキガを発症することはないとされています!

 

では、なぜこれまで感じなかった臭いが、妊娠をきっかけに臭(くさ)いと感じてしまうのでしょうか。

基礎体温の上昇と汗腺発達

妊娠

妊娠すると、妊婦さんの体温は上昇するとされています。

 

女性の身体はもともと生理周期によって低温期・高温期に分けられ、これはあなたも感じていることだと思います。

 

このうち、生理後から排卵までの期間は低温期とされ体温は低いのに対し、排卵後は体温が一気に上昇し、高温期となります

 

また、排卵のタイミングで受精すると身体が妊娠へ向けエネルギーを必要とするため、その後も高体温は維持されていきます。

 

妊娠の状態は身体に負荷がかかり、相当なエネルギーを必要とするため、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロンetc)の働きにより新陳代謝が向上し、必然的に体温も上昇するというわけです。

 

新陳代謝が向上するということは、汗をかきやすくなりますし、乳腺の発達により臭いの元であるアポクリン汗腺も活発となりますので、普段よりも臭いを感じやすくなってしまうんですね。

 

また、これは個人差があるのですが、ホルモンの影響によって臭いに敏感になることもあり、妊婦さんによっては通常時の数倍、臭いが気になって仕方がないという状態になることも…。

 

ですが、これはあくまでも妊娠中の出来事ですので、妊娠が終われば新陳代謝も通常時に戻り、活発になっているホルモンも沈静化していきます。

 

妊娠時のあらゆる身体の反応は、赤ちゃんを守るために起きている一時的な現象なので、体質が変わってしまったり、急にワキガになったりということではないということですね!

ワキガだったけど、妊娠中に軽減する場合も

ワキガの軽減

今度は、逆にこれまでワキガだった人の場合です。

 

これまでワキガと無縁だったという人も必ずチェックしてください。

 

実は、妊娠中に「これワキガ!?」と不安になる人がいる一方で、「もしかしてワキガ治った!?」とワキガが改善されたと感じている方もおられるのです。

 

妊娠中は臭いに敏感になりやすいのでワキガと錯覚してしまう人がいるなか、もともとワキガだった人が治るなんてちょっと信じられないですよね。

 

でも、これにはちゃんと理由がありました。

 

それは、“これまでの不規則な食生活や生活リズムが改善されたから”という理由が多くなっています。

 

特に第1子の場合は、これまで日中は働いていたという人も多く、育児休暇を取得して赤ちゃんのことを考えながら身体を整えるなかで、自然と体臭が気にならなくなっていったというケースが多くなっています。

 

これまでフットワーク軽く動けていたものが、妊娠をすると行動を制限せざるおえなくなりますから、必然的に外出の機会も減少し、汗をかいて蒸れてしまうことも少なくなります。

 

常に部屋にいると服装もラフなものとなり、エアコンなどでの体温調節も容易なことから、臭いが気にならなくなるんですね。

 

ただ、普段の生活に戻った場合には再発する可能性が大きくなっていますので、注意も必要です。

 

ですが、これまでワキガとは無縁だったのに、急にワキガのような臭いを感じられている妊婦さんには参考になった部分もあったはずです。

 

まずは食生活や生活リズムの改善から見直してみてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、繰り返しになりますが妊娠中に感じる臭いは一時的なもので、妊娠後も継続していくものではありませんので、ご安心ください!

ラポマインは妊娠中、授乳中に使用できるの?

ラポマイン

ここまで妊娠中の臭いの原因や発症の理由についてみてきました。

 

臭いは個人差が大きく、妊娠中にあまり気にならなかったという人もいれば、気になって仕方なかったという人までさまざまです。

 

妊娠中は一時的に生活習慣を改善するチャンスとはいえ、一度気になったら止まりませんので、何とかして改善にもっていきたいところ。

 

そんなときに嬉しいアイテムがワキガクリームの金字塔、ラポマインですが、ラポマインは妊娠中にも利用できるのでしょうか

ラポマインは妊娠中も使用可能!

妊娠

結論からお伝えすると、ラポマインは妊娠中も利用可能となっています!

 

ですが、市販品のデオドラントは使用しない方が良いとされています。

 

では「なぜラポマインはOKなの?」と思ってしまいますよね。

 

それでは一緒に、ラポマインが妊娠中にも利用できる理由についてチェックしていきましょう。

妊娠中は塩化アルミニウム含有デオドラントの使用はNG

塩化アルミニウムは市販品のデオドラントによく含有されている成分で、汗の臭いを抑える強い働きを示してくれます。

 

ですが、同時にかぶれやすくなったり、アルツハイマー病を引き起こしてしまうなど、その副作用も問題視されているのです。

 

基本的には含有量が規定値よりも少なければ問題はないとされていますが、妊娠中はいつも以上に心配になってしまうものなので、余計なストレスはかけたくありませんよね。

 

市販品のデオドラントと異なり、ラポマインには塩化アルミニウムは入っていませんので、安心して利用することができるというわけです!

医薬部外品の無添加デオドラントなら安心

ラポマイン医学部外品

ラポマインは厚生労働省が定めた医薬部外品となり、余計な添加物を含まない無添加・天然成分配合のデオドラントになります。

 

市販のデオドラントでは着色料など臭いケアにはつながらない成分も含まれているのですが、ラポマインは臭いケア以外の余分な成分は排除した、本質を突いたデオドラントとなっています。

ラポマインの除外成分

ですが、「無添加・天然なのはわかったけど、赤ちゃんに影響はないの?」と思ってしまいますよね。

 

そこで、公式サイトを調べてみた結果、妊娠中の使用も問題なしということがわかりました!

妊娠中のラポマインの使用

万が一肌に異常を感じた際は、使用を中止して医師に相談とありますので、特に事前に相談する必要もないとされています。

 

もちろん、担当医の先生に確認をとる方が安心なので、事前確認が可能な方は行うと良いです。

 

ですが、中には「妊娠中の臭いを先生に相談するのは恥ずかしい」という方もおられます。

 

無添加のデオドラントよりも、化粧品に入っている添加物の方が危険なはずですが、妊娠中に化粧を禁止されるということもありませんよね。

 

ラポマインの成分が赤ちゃんまで浸透していくということはまずありませんので、安心して利用されてみると良いですね。

>>ラポマインの詳細を確認してみる

ラポマインの妊娠中、授乳中の注意点

ラポマインの特典

ラポマインは妊娠中も利用できるとわかりましたが、万が一アレルギー反応など身体に悪影響があると心配ですよね。

 

そんなときにおすすめなのが、ワキから試すのではなく皮膚の厚い足裏でテストしてみるというもの。

 

足裏なら仮にアレルギーやかぶれが起こってもダメージは最小限に抑えることができます。

 

もし、どうしても初回をワキで試すには抵抗がある…という方は、肌に合わなければ25日間の返金保証もありますので、一度試してみられてはいかがでしょうか?

>>ラポマインの詳細を確認してみる

-ラポマイン

Copyright© [脱七分袖宣言!]ワキガ臭抹消クラブ , 2018 All Rights Reserved.